読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汗をかく、ということ

日本中にどれだけの人が汗をかくことで悩んでるんだろう。

私は顔汗が異常な滝汗で、今の職場環境は季節関係なく蒸し暑くて本当に冬場でも汗をかかない日はなかった。しかも顔汗だから同僚に指摘されるし目立つし恥ずかしいし、前を向くのが怖くてたまらなかった。

それで何を言われても、誰だって汗はかくんだ、生きてたら汗は出るものだ、そんなことで私は傷付かないって自己暗示してた。

この春、その汗が原因で酷く落ち込む事があって…それは私にとっては残酷な言葉で、もう何も無かったようには振る舞えなかった。

泣くだけ泣いて落ち込んでから汗を止める方法を探して探して、ようやく顔汗を止めることが出来た。全身の汗を止めることは家族に反対されたから本当に顔汗だけ。もともと首から下は異常ってほど汗をかいてなかったし。

顔汗が止まってからは本当に、嘘みたいに世界が変わった気がした。私が調べてた過程でも世界が変わるって書いてあったことを実感として体験した。

前を向くことが怖くなくなって視野も広くなって、以前より自信を持って仕事も取り組めてるって思う。

汗をかく、ということについてどれだけの人が悩み考えているのかなって…ふと思う。