読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜競馬予想

マイラーズC

土曜に少し渋った馬場だったように上り32秒台が出る様な高速のパンパンの良馬場ではない。

スローだがしっかりした底力と速い上りを求められるので持ち時計のある馬が良さそう。

過去の同レースの傾向から京都実績のある馬の好走がほとんど。

恐らく団子状態からの決め手比べ。

京都で上り最速を出して勝った馬が良い。

◎ダッシングブレイズ

エアスピネル

イスラボニータ

フィエロ

ダッシングブレイズは前走は半年ぶりの休み明けをものともせず快勝。

落馬以降落とした調子は完全に戻った。

調教は2週連続で浜中が騎乗して絶好の動き。

今回も休み明けだが半年ぶりの前回よりも良い動き。

エアスピネルの近2走の調教は、1週前に強めに追って最終追い切りは軽めとG1前に無駄な体力を使わない調教。

それが今回は春の大目標安田記念の前哨戦とあって最終追い切りをしっかり追ってきた。

長く脚を使えないタイプなのでパンパンの良馬場の東京コースでスローペースは一番向かないのに前走がそれ。

今回は違う。

金杯はブラックスピネルより1.5kg重い斤量背負って完勝。

今回は馬場も展開も調教もこの馬が上位。

イスラボニータは今回は休み明けだが相当乗りこんできた。

動きは相当良かった。

マイルチャンピオンシップ好走馬はこのレース強い。

ルメールも相当乗れてる。

フィエロと最も合ってる鞍上は福永だ。

異論は認めない。

そして最も合わない鞍上が戸崎。

年末のマイルチャンピオンシップを戸崎で6着と完敗。

阪神Cをミルコで3着〜金杯をフォーリーで3着。

2か月半の休み明けで高松宮記念をウチパクで5着。

初の1200mであの馬場あの位置からあのローテなら及第点。

むしろ今走への叩き。

そして今回、12戦振りに福永に戻ったのは嬉しい限り。

先週福永が調教に乗って最終追い切りは鮫島良が仕上げる藤原厩舎流の仕上げ。

京都1600mはベストの舞台。

金杯はブラックスピネルより2.5kg、エアスピネルよりも1kg重い斤量背負って僅差。

ただ8歳。

そして1200m後のマイルでどうか。

ブラックスピネルは1週前追い切りで一杯に追ったのにかなり遅い時計で併せ遅れ。

音無先生も馬体は増えると言っていたし前走後に緩めた馬体が戻ってない気がする。

最終追い切りは速い時計で格好はつけたが前走の圧巻の追い切りと比べると見劣りがする。

最大目標は次なのでここは完全に叩きだろう。

プロディガルサンは何故川田?

京都実績も無し。

フローラS

フローレスマジック

○ホウオウパフューム

▲ザクイーン

▲レッドミラベル

前走が完全タイム差マイナスだったのはこの4頭だけ。

フローレスマジックは重賞でタイムランクB。

ホウオウパフュームは500万下でタイムランクB。

ザクイーンとレッドミラベルは未勝利戦でタイムランクC。