読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間で持て囃されている法曹界を絶対に容認してはいけません

宮川 徹

a href=http://www.sankei.com/west/news/170407/wst1704070006-n1.htmlhttp://www.sankei.com/west/news/170407/wst1704070006-n1.html/a

世間で持て囃されている法曹界を絶対に容認してはいけません。「何が何でも憲法擁護!」?、それで済まされています。今の法曹界は、「立憲主義恒久平和主義」、「死刑や原発の廃止論」、「植民地支配と侵略の否定論」など、いわば「戦後レジーム」に毒されており、「キチガイ集団」であります。

同時に、私が所属している日本公認会計士協会も「戦後レジーム」に毒されていて、例えば虚構の「南京大虐殺事件」なんかも認めています。

a href=https://www.facebook.com/notes/%E5%AE%AE%E5%B7%9D-%E5%BE%B9/%E8%87%AA%E8%99%90%E5%8F%B2%E8%A6%B3%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E3%81%AE%E6%97%85/449648565114126?pnref=storyhttps://www.facebook.com/notes/%E5%AE%AE%E5%B7%9D-%E5%BE%B9/%E8%87%AA%E8%99%90%E5%8F%B2%E8%A6%B3%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E3%81%AE%E6%97%85/449648565114126?pnref=story/a

でも中には、故・小寺一矢先生のような日本の愛国者もおられます。また、公認会計士の中にも国を憂える人たちがおられます。しかし、それはほんの一握りの人たちに過ぎません。

元情報:http://tinyurl.com/lnfldjv

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)