読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさき川水雲さんにお似合いの四字熟語2

まさき川水雲にお似合いの四字熟語は

名題看板(なだいかんばん)

四字熟語占い

http://m.SNS.jp/view_appli.pl?id=13669&guid=ON

悪人正機はないだろー、との思いで再チャレンジ

ナンダコレハ!?

・・・意味わからなかったら自分で調べてね、とあるので調べてみました♪笑

名題(なだい)は、歌舞伎用語

演目の正式な題名のこと

江戸で使われ、上方では外題(げだい)

名題はだんだん駆逐されたそうです

江戸も外題になる

Wikipedia冒頭にあります

――最近、ウィキもりんくしなくなっちゃったので、URLわ貼りません(ノ_・。)

歌舞伎のタイトルは意味深です

通称とかある

正式な題名を書いておくのはちゃんと意味がある

識字率も今より低かっただろうけど、寺子屋では紙が真っ黒になってもさらに重ねて習字の運筆をしたりしていたわけです

「字は絵みたいなんですョー(*´ω`*)」(by二十歳すぎのちょう可愛い先生)

歌舞伎も、色々なものを互いに取り込むカルチャーだから、見るひとが見れば、題名からかなり推察できて、お代払う前に好きなの選べるわけです

コスパもよさげ・・

賢い・・

どの時代も、知ってる方がお徳

憧れますー(*´ω`*)←好きなのによく知らない。笑

名題看板は、ポスターでした

次回公演の予告のポスターのよなものらしい

ババーン!と眼目(主要場面)が描いてある

外題も、芝居文字でぶっとく黒々と書かれている

江戸文字の一種かね(´・ω・`)?

役者の名跡と定紋もドーン

そんな感じで、名題看板を見れば「お!今日は◎◎の××か!ちょっくら覗いてくか!」とかなるのでせう

名題看板に載ってるよな役者を「名題看板」「看板役者」と呼んだ

・・む?名題は駆逐されたなら外題役者でわないのか(´・ω・`)?

ハイ!ひねくれないでサクサク進みましょー!笑

名題に出るってスッゴイ名誉みたいな扱いでオッケー

その日のものを描いて&書いて小屋の入り口に掲げてあるただの板のくせに←

役者のプライドをかけた熾烈な戦いがあるのです

名題は、座頭の次の位、となりました

階級がある

会社組織なら座頭は社長ですかね

トップのひと

名題は、エースとか稼ぎ額とか筆頭表番とかそんな意味合いかな?

ナンバーツーでしょかね

組織はナンバーツーで決まると言います

ナンバーワンの言うことを、そのまま拝受し、実行できるナンバーツーがいないと、誰もナンバーワンの言うことを聞かない組織となり、組織化する意味がなくなっちゃうので、いずれ廃れる定めらすい

・・・わかる気がするわぁ(;´д`)

役者の階級がいくつか書いてありますが、面白かったのは「稲荷町

町名じゃね(´・ω・`)?

ちがーう!動物役の階級を稲荷町と呼ぶ習わし

動物の役だから、または楽屋にお稲荷さまがまつってあったから、とのこと

なんとゆうテケトーなネーミング!これだよこれ♪

馬の足役とかにつくと、名題役者から、楽屋入りの際に「おはよう!稲荷町」とか言われちゃうのかしらん

言われてみたい(//∇//)♪

馬の足役とか馬鹿にしたららめぇ

みなさん、その場で空中回転できちゃうくらい、えらい訓練積んだ方々ですからね

側転もできない私にはとてもできない雲の上の稲荷町さまです(*´ω`*)笑

現在は、名題名題下があり、日本俳優協会のテストをパスして、名題適任証を取得し、先輩・贔屓筋・興行主など各方面からオッケーもらい、名題昇進披露を行うそうな

ウィキ丸写ししてるだけでもくたびれる行程で、泣きたくなります(ノ_・。)

広辞苑も確認してみましたが、だいたいウィキで合ってるぽい

名題看板と小名題看板があるそうな

まさき川水雲にお似合いの四字熟語は

名題看板(なだいかんばん)

四字熟語占い

http://m.SNS.jp/view_appli.pl?id=13669&guid=ON

・・・芝居やれってことか?死んでも嫌じゃ!泪