読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邂逅の光よ

うちがその昔ハマったゲームに、遥かなる時空の中で3という乙女ゲーがあります。

もう何年前だろ?

とりあえず、その遥かシリーズ自体は6まで、いまでています。

3は中でも人気があって、何度もリメイクされたり続編が作られたりしてました。

それが今回、PSVITAで追加シナリオでもある「十六夜記」と、以前は攻略できなかった藤原泰衡を新たに攻略キャラに加えて、甦る…!

的な感じで、まぁ、それを記念して【遥かなる時空の中で3 Ultimate感謝祭】っていうイベントが開かれることになりました。

ちなみに、今日の日記タイトルはそのアルティメット版の遥かEDテーマ曲のタイトルです。

で!

さる3月5日にそのイベントに参加してきましたよー!

お目当ては浜田賢二さん!

浜田さんは遥か3では「銀」と「平知盛」の二役を演じてます。

今回参加したのは夜の部!

知盛はなんというか、退廃的というか、危うい役どころというか、歩く18禁というか(笑)。

夜の部だったら絶対、知盛でくるだろ!と思ったら、以外にも銀で話すシーンもあって満足です。

全体の流れとしては

軽くシナリオ読み

キャスト紹介ムービー

いきなり「邂逅の光よ」ライブ!

特別シナリオ「八葉のみんな、竜神温泉にいく!」(←勝手に命名)

――――――て、ここまでいろいろ思い出しながら書いてたら公式にセットリスト上がってたよチクショウ!

以下、公式から↓

開演前アナウンス

藤原泰衡鳥海浩輔

プレドラマ「華麗なる幕開け」

有川将臣(三木眞一郎)、源九郎義経(関 智一)、ヒノエ(高橋直純)、有川 譲(中原 茂)、梶原景時井上和彦)、平 敦盛(保志総一朗)、白龍(大谷育江)、平 知盛(浜田賢二

オープニング

キャスト全員

オープニングライヴ

1.「邂逅の光よ」 白龍(置鮎龍太郎大谷育江

収録: イベント限定CD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 感謝祭 〜桜月の舞〜 (KCS-3152)

ドラマ 「運命は神子(あなた)次第!? ―温泉・怨霊・大騒動!―」

有川将臣(三木眞一郎)、源九郎義経(関 智一)、ヒノエ(高橋直純)、有川 譲(中原 茂)、梶原景時井上和彦)、平 敦盛(保志総一朗)、白龍(置鮎龍太郎)、平 知盛(浜田賢二

[天の声]藤原泰衡鳥海浩輔

バラエティコーナー「感謝祭スペシャル! アルティメットすごろくゲーム」

★<チーム平家>三木眞一郎保志総一朗浜田賢二

★<チーム源氏>井上和彦、関 智一、高橋直純、中原 茂

[司会]置鮎龍太郎大谷育江 [アシスタント]アンフィニ

告知コーナー?

アンフィニ

告知コーナー?

井上和彦浜田賢二

神子へのメッセージ 感謝祭スペシャル〜春の日のひととき〜

?白龍(大谷育江

?源九郎義経(関 智一)

?梶原景時井上和彦

?ヒノエ(高橋直純

?平 知盛(浜田賢二

ライヴコーナー

2.「指先に咲く契り」 有川 譲(中原 茂)

収録: 遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜 ヴォーカル集 永訣の桜月 (KECH-1521)

3.「泡沫の漂流者となりても」 白龍(置鮎龍太郎

収録: 遙かなる時空の中で3 花の名残(なごり) 〜月想う歌〜 (KECH-1783)

4.「砂上の哀葬」 平 敦盛(保志総一朗

収録: 遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜 ヴォーカル集 永訣の桜月 (KECH-1521)

5.「煌めきの月」 ヒノエ&梶原景時高橋直純井上和彦

収録: 遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜 ヴォーカル集 永訣の桜月 (KECH-1521)

エンディング

出演者全員

アンコールライヴ

6.「月の導き」 源九郎義経(関 智一)

遙かなる時空の中で3 花の名残(なごり) 〜月想う歌〜 (KECH-1783)

7.「邂逅の光よ」 キャスト全員

収録: イベント限定CD 遙かなる時空の中で3 Ultimate 感謝祭 〜桜月の舞〜 (KCS-3152)

Wアンコール

出演者全員

終演後アナウンス

有川将臣(三木眞一郎)、平 知盛(浜田賢二

―――――――――――――――――――――

で上記にありますちょいちょいでてくるアンフィニってなんぞ?って話なんだけど、この二人、遥か6のテーマソングを歌ってる人たちだそうな。

てか、そんなテーマソング歌ってるひとを、このセットリストにないんだけど、前座で歌わせてたよ!

おい、ルビーパーティー!

こんな使い方していいのか?!

なんていうの?

場内アナウンス流れたりするじゃん?

開演前に。

そういう、ざわざわしてて、みんな席につくのに忙しい、みたいなときに、ステージに上がって、歌ってくれてたよ。

席につくときだから照明も落ちてないし、場内はガヤガヤしてるし、せっかくの歌がそっちのけ感がすごくて、ひっじょーーーに!もったいない!と思ってしまった。

まぁ、彼らは6の人だから、3とは直接の関わりないし、大っぴらに3のイベントで6歌うわけにもいかんだろうから、しょうがないのかな?という気もしなくもないけど。

そしてそして肝心の本編。

いや〜、セットリスト見ながら語りたいことは山のように出てくるんだけど、いまこの時点でだいぶ日記長い気がしてるんだが、どうなんだ?(笑)

まずね!随所に遥か3のゲーム音楽やSEが使われてて、『あぁ!あった!あった!この曲!』ってなりました。

峠道の曲とかまさにそんな感じ(笑)。

あと地味に滾ったのがオープニングのプレドラマで知盛と八葉が対峙するシーンがあるんだけど、そこでゲーム画面の立ち絵と戦闘に入ったときの演出が入って『あ!!』ってなった。

このまま戦闘画面流れる?!って思ったらキャスト紹介ムービーになっちゃった(^^ゞ

ドラマの時は、シナリオが会場の人の拍手の量で展開が変わるっていうもので、これが非常にぶっ飛んだシナリオに進んで面白かったです。

温泉に行った一行が男湯に怨霊が現れてどうする?!ってなったときに

【退治しなきゃ!温泉だけど】

【今日は特別!温泉を楽しもう!】

の選択肢がでて、温泉を楽しむ展開になっちゃった(笑)

九郎が

「日頃、怨霊退治で大変だろう神子を慰労するために温泉に連れてきたのに、ここで怨霊退治をさせてしまったは本末転倒だ。

今日は温泉を楽しもうじゃないか『そんなこと言ってる場合かなぁ(苦笑)』←素の声で」

って言ってたのがすごい面白かった!

てか、さすがベテランぞろいの遥かキャストなのでちょいちょいアドリブかますし、他キャラいじりまくるし、安定感がはんぱなかった!

あとアルティメットすごろく。

とまったマスの指令をこなす、ってやつなんだけど、保志さんがずっと動揺しっぱなしで、お題が『京をテーマに会場に質問して該当者が1〜8人にする』っていうので、よりにもよって

《京都で!えーとえーと、なにがしかのものと、戦ったことがある人!!》

とか口走って、しかも該当者が20〜30人くらいいた。

みんな何と戦ってるんだ…!

で、1マス戻ったりなんだりがあったせいで同じマスに再び止まってしまい、さっきの教訓を活かして3人(三木さん、保志さん、浜田さん)で文をつなげて質問しよう!ってなって、こうなる↓

三木「京都で!」

浜賢「去年一年間!」

保志「えーーーーーと…、ぁーーー…戦ったことがある人!」

アウトです、保志さん(笑)。

去年限定だから!とか一年間通して戦ってる人だからさっきよりは少ないはず!とかなんとか言ってたけどさ(笑)!

ちなみに7人だったのでクリアできた。

いや、だから、一年通して何と戦ってるんだって話だよ(笑)!

で、平家チーム(上記の三人)の番がまた来た時に次のお題が『京都といえば?!』で、三人スケッチブックにそれぞれ答えを書いて、せーの、で答えを合わせるというもの。

で、あの三人の答えでこうなる ↓

三木「京都タワー

浜賢「都」

保志「たたかう」

置鮎さんに『ある意味流れとしては正解だけど、クリアならずーー!』って言われておりました(笑)。

あと、そうそう。

告知コーナーで遥か3のキャラソンCDがでます、って話だったんだけど、新しいアルバムに銀の録りおろしソングが入ります!って井上さんが読み上げたあと、ハマケンに

「録りおろしたの?」

「ぁ、ぇ、えっと…、はぃ。の、予定です…」

「じゃぁ、次はイベントで披露かな?」

「ぁぁ…、…ぅぅ」(って言いながら台本で顔を隠しながら天を仰ぐハマケン)

かわいかったです(笑)

もう、ハマケンに関してはステージで歌を歌うなんて、これっぽっちも思ってないから、安心していいよ(笑)。

あと印象に残ったのが、ステージ終わりのコメントのときに大谷さんが会場とコール&レスポンスやりたい!って言ったときかな。

(保志さんの方見ながら)「あの、『よっぴーー!』みたいなのやりたい!」

↑周りから「ぱっぴー」だよ、と突っ込まれまくり

(保志さんの挨拶でよく使われる>ぱっぴー)

そして関さんから 「大谷さんは『ぴかぴー!』でいいんじゃないですか?」

って言って周りから『カットされる!』『それ、アカンやつ!』とめちゃんこ止められるの巻(笑)。

最終的に

「はちみつー?」

「プリンー!」

っていうコール&レスポンスになった!

とっても盛沢山の内容のイベントでした。

いや、むしろ盛りだくさんすぎて、もっとひとつひとつのコーナー、ゆっくりでもいいのよ?と思ったこともなかったり。

だいたい2時間半くらい。

今度、この内容がDVDになるそうです。

買うかどうかは、うーーん、考え中だけど。

てか、この夜の部。

思うに結構機材トラブルあった感じなんだよね。

序盤の方。

次の場面に移るはずの音楽がなかなか流れなかったり、マイクの音声に雑音が入ったり、変なタイミングで効果音流れたり。

序盤の方だけで、しばらくしたら持ち直したけど。

後ろの方の席だったから、スタッフが「音だして!」みたいな声めっちゃきこえたし。

DVDになるときは昼公演中心になるかもね?このへんは。

ひさびさに遥か3まみれで懐かしくなったりゲームやりたくなったりしました!

やっぱり遥か3好きだなー!