読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルボナーラ

 < 材料(1人分) >

 ・牛乳・・・60cc

 ・生クリーム

  (乳脂肪分20〜30%)・・・60cc

 ・粉状パルメザンチーズ

  もしくはペコリーノロマノチーズ・・・10g

 ・1cm幅に切ったベーコン・・・30g

 ・卵黄・・・1個

 ・塩・・・適量

 ・あらびき黒胡椒・・・適量

 ・パセリ・・・適量

 < 作り方 >

 (1)ベーコンをバターで、中火で揚げるように炒め(焼き)ます。

 (2)牛乳と生クリームをいれて、弱火で2/3ほどになるまで、弱火で3分ほど煮込みます。

 (3)パルメザンチーズをいれて、加熱しながらソースをよく混ぜます。べたべたになってしまわないように注意します。塩で調味します。

 (4)ゆでたスパゲッティをよくからめて、皿にもります。

 (5)全体に黒胡椒とパセリをちらし、卵黄を中央にのせます。

 (6)卵とよくまぜて出来上がりです。

 <ポイント>

 ★本場のカルボナーラは、ベーコンのかわりにパンチェッタ(塩味の強い生ベーコン)を使います。

 ☆盛りつける前に卵を混ぜておきたい場合は、余熱で固まってしまわないように気をつけながら、盛る直前に手際よくからめるようにしましょう。不安な人は、暖めたボールの中で混ぜれば大丈夫です。

 <ローマ風>

 ローマ風カルボナーラとは、カルボナーラの故郷、イタリア・ローマで生クリームを使わずにパンチェッタ(pancetta)という非加熱のベーコンと卵、チーズで作るシンプルなパスタ料理です。

 パスタ料理をソース別に分けるならば、トマトソース系、クリームソース系、オイル系(またはペペロンチーノ)、和風といった具合に分けることが多いです。

 そうなれば、カルボナーラはなぜか必然的にクリームソースの仲間にされてしまうことが多いですが、元来カルボナーラという料理はクリームソースのパスタではなく、卵とチーズのパスタ料理だということです。