読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葬儀、終了

泣く暇も無かったというか、年齢的に概ね平均値は超えていたというか。

逆に言えば、さほどしんみりすることもなく、笑顔で送り出せたとも言えるんですよね。

その点では親族一同、穏やかな葬儀だったのかも知れません。

>が

喪主代行と言う名の仕切り役だったこともあり、自分の負担は地味にキツく。

葬儀自体はまあまあ及第点というのが自己採点ですし、予算内にしては内容も上々。

例によって細かなミスもありましたけどね……それでもまあ、概ね円滑だったかな、と。