読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【偽書】虹メイル・アン 〔第六話〕緑の大地に英雄は眠る 19

「爆発の衝撃で金具が緩んでいたのでしょうか?まさか非常階段の鉄製のタラップが全て抜け落ちるとは…」

「多分に手抜き工事の部分も感じられますが。主要設備とは違い、非常通路など簡易設備などは厳しい完了検査など受けないでしょうから」

複雑に絡まる様に鉄骨に挟まれた二人はその腕一本すら自由に動かせない状態だった。

「リンダのトラップに絡み取られた気分ですね」

「面白くない例えですよ。サニー」

「すいません。何だかルナの様な事を言ってしまいましたね」

「全くあの黄色は今頃何を」

カレンはやれやれと言った顔をした。

「あなた、不思議なメイルね。こんな道すがらで花を手向けるなんて随分風流だこと」

「ルナがメイルだって分かるの?」

「勿論よ。だけど誰の使いでこんな場所に花を?」

「誰でも無いよ。ルナの意志でこうしているんだよ」

「あら。あなた自身で?何の為に」

「人を弔う為だよ。供えた花は忘れていないよと示すものでしょ」

「確かにメイルならば記憶媒体に生死のデータは残るでしょう。でも機械としては非合理的よね。献花なんて」

「別に合理的だなんて関係ないよ。ルナはそうしたいだけ」

「そのアルゴリズム、思考回路に興味があるわ」

女性は右手を着ているロングコートの中に忍ばせる。

「おばさん。まさかルナを分解する気?」

「口の悪いメイルね。分解はしないわ。だけど」

女は濃灰色のロングコートから小型の電磁銃を取り出す。

「これで一時的にエネルギーを停止させてもらうわ。生身の人間ならショックで仮死状態くらいにはなるんでしょうけど」

身構えるルナに冷ややかに言い放つ女。

「飛びかかったり逃げたりしても無駄よ。何かあれば“メイルが急に人間である私に襲いかかってこようとしたので破壊しました”と言うだけだから。すぐに済むわ。大人しくしていてくれたら」

そう言って反対の手にメイルの頭脳であるシステム破壊用の禁制の磁界強化銃を握る女。

「地下に繋がる電源ケーブルを発見。通電を復旧させました」

ー「了解」

難波刑事(さん)が安堵の声で短く答える。

「これで電気錠やエレベーターなども復旧させられたね」

「後は地下の技師達が上に非難して来れれば人間は全て退去させた事になります」

「残るはサニーとカレンの回収だね」

「その前にメトルダウンの阻止ですね」

「余り時間は無いね」

「逃げ出しますか?私達が核融合で溶けてしまう前に」

偽書】虹メイル・アン 〔第六話〕緑の大地に英雄は眠る 18

http://SNS.jp/view_diary.pl?&id=1959176166&owner_id=27038879

℃-ute へ 最後の挨拶

昨日は、イオンモール木曽川にて、℃-uteにとってラストとなるシングルのリリースイベントでした。

ラストシングルはトリプルA面タイプで、『To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises』

6月は ℃-ute の誕生月だが、それに合わせて解散する。

たぶん、℃-ute を観るのは、自分としては最後。名古屋地区でのリリースイベントも数年ぶり、とのことなので、接触する機会も最後でしょう。

ノースコート会場口に開店時間少し前に到着。すで500人は並んでいる。シングルを予約するのに1時間以上かかった。

なにか二十歳前後の女性ファンが多いな。 まいやん{白石麻衣 乃木坂46}とともに、鈴木愛理ちゃんが、女性ファッション誌「Ray」の専属モデルなので、この年代の女性達に知られるようになったのもあるでしょう。

思えば、現代のグループアイドルに魅かれる要因は、おニャン子クラブの系譜のAKBの社会現象をきっかけに、そのライバルグループとして誕生した、乃木坂46 への関心が最も大きいのですが、、。

日記から紐解くと、2011年1月21日「K−POP・女性グループについて。」及び 2012年2月24日「AKBの将来は乃木坂が握る、、そして日本の将来は、。」 などの感想。

その年の春に、K−POPアイドルのAfter Schoolを観る。そして暮れに ももいろクローバーZの武道館LIVEのらいぶビューイング。そして、翌年、「後ろ姿に感じる。」で、Perfume と 鈴木愛理 の日記。{2013年7月8日} そしてこれがこの年の秋、℃-ute  の生を初めて観ることになる。

つまり日本の今の女性グループアイドルを初めて観たのは、℃-ute が最初だった。

これが、現在の状況に大きなきっかけとなったことは確かだ。

乃木坂は今もそうですが、基本、箱推しなので、まぁ、最初の^隠れ推しメン^が、鈴木愛理ちゃんだったこと。

ただ、今みたいに、ドルヲタではなかったので、ドドッどハロプロ系にのめり込むなんてことはなく、翌年の2014年も、dela と 乃木坂46 と BABYMETAL を観たぐらい。でもその翌年から、イッキでしたね。

新譜を予約した人が入れる優先エリア、600名以上。吹き抜けの階層なので、観客全部で900人ぐらい。優先エリア内の右側が女性専用エリアで、200人ぐらいはいそう。

なんかね、リハーサルの登場のしかたが、なんかベテラン。1曲、本番さながらにパフォーマンスしましたが、最初はメンバー間それぞれ。演後は、マネージメントの女性?を含めた6名で、段取り等を話し合う時間の方が長い。それでも、その間、メンバーはほがらかでニコニコしている。もう、終着点が観えているからか。

セットリスト

The Curtain Rises 〜 人生はSTEP 〜  アダムとイブのジレンマ 〜  ダンスでバコーン 〜  ファイナルスコール 〜  To Tomorrow

愛理ちゃんのブログによれば、

『To Tomorrow』と『The Curtain Rises』は今日が初披露だったから緊張した

そうだ。

乃木坂46が、新曲「インフルエンサー」で苦労している高速振り付け。乃木坂のは主に上半身だけだが、℃-ute は最初の初披露の『To Tomorrow』で、下半身を含めた高速振り付けを難なく決め、しかも静止するとき、’アクセント’まで付けるスゴ技。

ターンする時に、ウェーブがかかる愛理の髪と、リーダーの矢島ちゃんの長い髪がひるがえるのが美しい。

衣装は黒がベース。{フォト左}

2回ほど、背中がゾクッと来た。優先エリアの後方だったので下半身の動きはあまり見えなかったが、いぶし銀とは、今の ℃-ute のことだ。

決してゴールドやダイヤモンドではない。 

ベリーズ工房の選出から漏れたハロプロキッズのメンバーで結成された、℃-ute 、それはもう、2005年のこと。

今でも、メンバー全員、体も細く声も細い ところからして、小学生の頃は、アイドルオーラに乏しかったのではないのか。

【 熱く魅力的になれ 】と、つんく♂氏の願いが込められているようなネーミングだ。

まじかで観た ℃-ute はエレガントで繊細。すこぶる魅力的。

演出しつくされたワンマンコンサートよりも、はっきりと内在する ℃-ute の魅力がかいま観えました。

おしいなぁ、’こんな仕上がり’なのに解散するなんて。 

これも含めての、アイドル なのでしょうね。

特典券一枚だけの握手会。ビニー袋に所持品全部を入れ、渡し、そのハガシがファン一人ひとりに専用に付く、高速握手会 /_・)/_・)/_・)/_・)/_・)/ なので話せる時間は2秒ぐらい。

なので、話しかけはほとんど無理なんですが、いままでの経験が生きたのか、ずべてのメンバーに一言ずつ話せました。 前に居た℃-uteヲタによれば今回は年齢順の並びとのこと。

萩原舞 → ありがとう。

岡井千聖 → テレビで観ます。これからもガンバッテね。

鈴木愛理 → 愛理ちゃんと℃-ute のおかげで 今のアイドルが好きになれたよ。{愛理 「ほんと!?」相好を崩して、ニコっ。}

中島早貴 → 個性的なダンス、スキです。

矢島舞美 → 統括リーダー、ご苦労様でした。{℃-ute のみならずハロプロ全体のリーダーだった。}

とどまれない流れ式握手会で、ここまで言えれば、満足です。

℃-uteの5名、ご苦労様、そしてありがとう。

選抜開会式です。

山口)「球場を宇部鴻城の雰囲気に」 センバツ開会式へ - 高校野球朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/sp/articles/ASK3L3T1TK3LTZNB006.html?ref=tetsudoco選抜開会式は、頑張って下さい。

本当の意味で自分に必要なベストの人とは

家族を除けば友達も含めて人生の中で数人だろうと思っている。

misono、Nosukeとの結婚前提の真剣交際を報告「この人しかいないと思った」

今日のメッセージ

「上昇」

追い風が吹き、凡てが良い方向に変化、こんな機会はめったにない。

自分を信じ思いきって行動すれば、結果が出る。

易占いカードからのメッセージです。

素敵な一日になりますように…

襲来!

………

……

警告!

狂暴な怪物が…

襲来!

襲来!

当方

迎撃を開始する!

繰り返す!

狂暴な怪物が…

襲来!

襲来!

当方

迎撃を開始する!

入れ替り

あれ?これってもう日記に書いたっけ?

と悩みながら(笑)

昨年生まれた子猫。

5匹生まれた中で、絶対に人にあげるのはやめよう。

と思っていたメスネコがいた。

「Mちゃん」

おでこに「M」のマークがある

一番人懐っこくて美人な子猫。

他の子猫は人にあげるつもりだったから

名前をつけずにいたのだけれど

その子猫だけは、いつの間にか「Mちゃん」ってみんなからも呼ばれてた。

マイケルのMでもあるし

その音の雰囲気を残したくて

「エバ」という名前が浮かんだ。

なんでなんだろう・・・

名づけるギリギリになって

もう一匹の、おとなしくて人見知りする

でも、いつもジッと私を見つめる不思議な瞳をもつ

もう一匹のメスネコにエバと名づけた。

そしてMちゃんをイブとした。

子どもにも

なんでMちゃんがエバじゃないの?

って聞かれたけど

なんとなく?

としか答えられなかった。

そして、あえて子供たちの希望もあって残した黒猫に

「ルカ」と名づけたけれど

本当はイブがいるから「アダム」でいいかもな、なんて思ってた。

アダムとイブ・・・

ここは楽園ね、なんて思いながら。

それからしばらくして

外に遊びに行ったままイブちゃんが帰ってこなかった。

どんなに探しても、死体すら見つからなくて

いまだにどこに行ったのか分からない。

そして、また1〜2ヵ月かなぁ・・・

ルカも遊びに行ったまま帰ってこなかった。

近所も探し回ったり

保健所にも連絡をしたり、

ネットにも迷い猫登録をしたけれど

今日まで帰ってこない。

アダムとイブは楽園から追放されちゃったのかな・・・

結局、Mちゃんと直前に入れ替わったエバが

この家に残った。

もし、Mちゃんをエバと名付けていたら

どちらの子猫がこの家に残ったんだろう・・・

神さまのイタズラって、

こんな風に些細なことで起こるのかもしれないな。